【上越市】まるで街全体が美術館のよう!直江津で「うみまちアート」が開催されています

直江津地区では、2021年8月1日(日)から9月26日(日)までの58日間、現代アート作品を展示する芸術イベント「なおえつうみまちアート」が開催されています。

市内4ヵ所の会場で、8組のアーティストそれぞれが直江津の歴史や文化、風土に触れて紡ぎ出したオリジナルアート作品が展示されています。

展示されている会場は次の4ヵ所です。

・安国寺通り特設会場
・直江津屋台会館
・船見公園周辺海岸会場
・ライオン像のある館(旧直江津銀行)

最初にこのようなリストバンドが配布される仕組みになっているので、全会場を回りたい方にも便利です。

また、各会場に置いてあるスタンプを集めて、自分だけの”かお”をつくれるイベントも行なっていて、子どもから大人まで楽しみながら回れるのも嬉しいですね♪

普段何気なく通っていた道にも可愛らしいアートが描かれていて、とても新鮮な気持ちになりました。

まるで街全体が美術館のように感じ、アートを通して直江津の魅力を再発見することができるイベントです。

ライオン像のある館(旧直江津銀行)

どの会場も、アーティストの想いが込められた個性的なアート作品の数々にとても魅了されました。皆さんもぜひアートを楽しみながら街歩きをしてみてはいかがでしょうか?

会場を回った中でも特におすすめしたい「ライオン像のある館(旧直江津銀行)」はこちら↓

2021/08/26 08:38 2021/08/26 08:38
hare
ジモネタ上越市
号外NET他の地域

編集部スタッフが読んでよかったと思う地域ニュース:トピックス

スマホで号外NETを簡単に見る方法とは?

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら

号外net 全国で地域ライター募集