【妙高市】源泉かけ流し100%!関温泉にある「旅館 登美屋」で心も体もリフレッシュしました

妙高市には、妙高高原温泉郷と呼ばれる7つの温泉地が集まった温泉郷があります。いずれも妙高山麓から湧出される温泉ながら、5つの泉質に分かれており、温泉の湯も3色あることから、「妙高七五三の湯」と呼ばれています。

温泉イメージ

画像はイメージです

大自然の景観を眺めながら、症状や好みに応じた湯めぐりが出来る、まさに温泉天国です。今回は、その中でも越後三大名湯の一つに数えられる「関温泉」にある「旅館 登美屋」へ日帰り入浴を利用しに行ってきました。

「旅館 登美屋」は、関温泉スキー場の目の前にあります。標高が高いため、空気も澄んでいて8月でもかなり涼しく感じました。中に入ってみると、アットホームで昔ながらの雰囲気が漂い、とても落ち着きます。

源泉かけ流し100%で、鉄分を多く含む茶褐色のお湯は、芯まで体が温まり、体の疲れを癒してくれて、心も体もリフレッシュすることができました。

冬だけでなく、朝晩の寒暖差や、冷房などの暑さ対策によって体が冷えて、体調を崩しやすくなるこの時期にも、ゆっくりと温泉に浸かることで免疫力アップに繋がります。

妙高山への登山口にも近いため、この時期は登山帰りに立ち寄る方も多いようです。皆さんもぜひ、妙高の温泉でリフレッシュしてみてはいかがでしょうか?

関温泉「旅館 登美屋」はこちら↓

2021/08/27 08:38 2021/08/27 08:38
hare
ジモネタ上越市
号外NET他の地域

編集部スタッフが読んでよかったと思う地域ニュース:トピックス

スマホで号外NETを簡単に見る方法とは?

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら

号外net 全国で地域ライター募集